新木場へ材料の買い出し

普段使う材木は北米材が多い為、扱いのある静岡や名古屋、北海道の材木屋さんから送ってもらう事が多いのです。樹種の指定や、珍しい材料が必要な場合は直接買いに行きます。
ブビンガの座卓をダイニングテーブルにリメイクするのに、色や質感を合わせる必要があった為、新木場の材木屋さんで材料を探してもらいました。ブビンガは狂いやすいので、狂いにくく色味の合うカリンをお薦めしてもらいました。事前に必要部材をFAXで伝えていたので、ちょうど良い材料を揃えておいてくれました。

カリンを扱っているところがなかなか無く、ネットで調べて見つけました。瀬尾木材さんはテーブル用の厚材や銘木を多く扱っています。うちだとなかなか手の出せない材料ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です