木工教室毎週末開講しています

寄せ蟻とうい技法で反り止めを入れる加工をしています。
テンプレートとトリマを使って溝を彫ります。

周りを彫って残って部分も彫ります。

狭い部分を斜めに鑿で落とします。
この方法だと吸い付き蟻桟の様に木端を貫かなくて良いので、後で埋め木をする必要が無いので、見た目が美しいです。

この日が初日の生徒さん、鉋の裏出しをしています。裏押ししやすい様に鎬面の地金部分をたたいて鋼を盛り上げています。

今日はなんだかよく分からない作業の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です