フレームの制作、カンザシ入れ、塗装

横切り盤で留め部分の補強のカンザシの溝を入れます。

溝が入りました。

カンザシ(薄板)を木殺しします。
カンザシを玄翁でたたいてつぶす事により、接着材を付けて溝に入れた時に、接着剤の水分で膨張してしっかり緩まず入ります。

入りました。

はみ出た部分をアサリが無い鋸で切り落とします。

次に塗装です。
ブラックウォルナットは塗装すると更に濃く引き締まります。

留めもバッチリです。

カンザシはチェリーにして色味を変えました。

アクリル板、裏板を入れ、トンボ(裏板を押さえる金物)を付けたら完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です