木工教室にてR2.0307

今日の木工教室。チェリーのロッキングチェアーの方のスピンドル加工、ベッドサイドボードの方の引き出しの加工、底板の板矧ぎ、合曳の方の調整、仕上げ。

今日は久しぶりに寒い1日でした。

スピンドルの丸棒はルーターで加工します。

角棒を八面体、十六面体の順に削り丸棒に近づけていきます。
ベッドサイドに置く引き出し付きの棚の製作。トレイの様な引き出し、物入れではなく食事など一時的に物を置く時に使用されるようです。
引き出しは包み蟻組継で前板と側板を接合します。
鑿を使って目違い調整。
合曳という指物の組み立て椅子。椅子といっても正座用の椅子です。正座する時にちょっと楽になります。
組んだ状態です。外側。
内側。
脚の補強プレート。畳む時は座板の裏に掘った溝に収めます。

ちょとずつですがコツコツ製作します。

木工教室のご案内

「木工教室にてR2.0307」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください