木工教室にてR2.0308

今日の木工教室。棚の制作の方の本体組み立て、引き出しの取っ手製作。赤松の引き出し付きの座卓の方の細部調整、天板取り付け。ダイニング円卓の方の全体調整。

棚の引き出しの取っ手の制作。ブラックウォルナット のブロックから切り出します。手元に集中して作業します。
大型のベルトサンダーで形を整えます。こちらも手元に注意。
角を面取りして手に馴染む形にします。この後ネジ穴を作ります。
棚本体の組み立て。クランプでがんじがらめ!
木製の駒止めを製作します。天板と脚の連結に使います。駒を使って木の伸縮に対応出来るようにします。
引き出しの手掛けを加工中。
引き出しです。引き出しを付けると幕板の形が複雑になり、加工がかなり難しくなります。
赤松の柾目が良いですね。
チェリーのダイニング円卓の天板。直径1500ミリあります。厚みも45ミリで重厚感すごいです。

作業は続きます。

木工教室のご案内

「木工教室にてR2.0308」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください